どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

ふしぎの海のナディア

ハドソンから発売されたアドベンチャーゲームです。
機種:PCエンジン(SUPER CD-ROM²)
 
不思議な宝石、ブルーウォーターを持つ少女ナディアと発明が趣味の少年ジャン、そして多くの仲間達と謎の多い神秘の島で様々な冒険を繰り広げていくアドベンチャーゲームです。
 

 
・ゲームはコマンドを選択しながらゲームを進行していき、ところどころにアニメーションが挿入されているデジタルコミックのアドベンチャーゲームとなっています。
 
 
・主人公はナディアなのですが、ゲームはジャンの視点で進行していきます。
 
 
・コマンドは画面下に表示されるようになっています。
状況によって出現するコマンドが違うようになっています。
テキストは画面下に表示されるようになっています。
 
 
・セーブはストーリーの合間に挿入されるようになっています。
 
 
・クイズモードというものがあります。
ナディアに関するクイズゲームで、「おなじみキャラクイズ」と「ノンセクションクイズ」の2つから遊ぶことができます。
 

 
ゲームの難易度としては、メインとなるデジタルコミックに関しては非常に優しいと思いました。
 
遊んでみて感じたことをまとめてみました。
 
 
➀移動する場面で、ちょっとした足止めを喰らうのではないかな、とも思いました。
 
場面によって違うのですが、遺跡内やゴブリンの基地内で移動コマンドが出現して複数の場所を自由に移動できるようになったりする場面があるのですが、ある程度自由に行動できるのもあってか、ここでちょっとした足止めを喰らうかな、と思いました。
 
他にも移動コマンドが出現する場面があったかと思いましたが、この2つが複数移動できる場所が表示された中では印象が強かったです。
 
特に、序盤で入る遺跡内では前を向いたときと後ろを向いたときで入れる部屋の位置が違うので、これに気が付かないと進まなかったりします。
 
ですが、特にこれと言ってゲームオーバーになることがないので、何度か探索していれば進めるようにはなっていますね。
 
 
➁特に難しいコマンドなど出現しないのでサクサク進めます。
 
出現するのが多いのが「見る」とか「話す」でしょうか、状況によっては、「考える」や「移動」など出現することもありますが、特に詰むようなところはないです。
 
また、テキストを同時にボイスが流れるのですが、一度見たテキストだとボイスが流れないようになっていたりするので、「一度見た」というのがわかりやすくなっているかと思います。
 
アドベンチャーゲームあるあるかと思うのですが、同じコマンドを複数回選択しないと先に進めない、ということは少なかったと思うので、一度選択したコマンドがあった場合に別なコマンドが出現しないときにもう一度同じコマンドを当たっていくぐらいで進むと比較的楽に進める感じだとは思います。
 

 
ゲームとしては、グラフィックが綺麗なのとキャラのボイスなどもよく聴き取れるので特に欠点らしきものはないと思いました。
 
一度見たテキストだとボイスが流れなかったりと無駄もなかったのと、コマンドを選択した際のテキストが短いのが多いので、間違って同じコマンドを選択してもストレスが少なくプレイできるところは良かったです。
 
アドベンチャーゲームあるあるかと思うのですが、同じコマンドを選択して、同じテキストを読んだりするとストレスが溜まるときってあるんですよね。
 
このあたりは上手くできているところでもあったかな、と思いました。
 
ゲーム内のオープニングは「ブルーウォーター」エンディングは「Bye Bye Blue Water」となっていて、途中にアイキャッチが入っているところは1つのアニメを見ているような感じになっているので良かったですね。
 
また、アニメ版を見たことがある人はわかるかと思うのですが、確かエンディングが流れた後に視聴者から送られてきたイラストを掲載する、というものがあったかと思いましたが、このゲームにもエンディング曲の後にPCエンジンFanに送られてきたイラストが掲載されているところはアニメと同じような形式を崩していなかったのと、やはりファン層を大切にしているところが伺えるところは非常に良いところだとは思いました。
 
クイズモードではデフォルメ化されたキャラが雑談をしながらクイズを出題していくのは非常に楽しめるようになっていますね。
 
ナディアを知っていないと難しい問題もあったりするのですが、デフォルメ化したキャラが丁寧に解説しながら出題するので、わからない人でも、またすっかり忘れてしまった人でも思い出しながら遊べるようになっているところはよく出来ていましたね。
 
ナディアワールドを存分に楽しめる作品ではないでしょうか(・ω・)