どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

オレガノの頭のこと

スターブレイカー(PCエンジン)というロールプレイングゲームです。
 
 
 

 

 

 

このゲームで序盤で仲間になるキャラクターでオレガノというキャラクターがいます。
 
オレガノという人物を紹介しますと。
 
・ビーズ王家に仕官していた科学者。
アリアの家庭教師を勤めていた事もあり、アリアの行動に振り回されるがその忠誠心は強い。
 
といった人物となっています。
 
 
 

 

 

 

ちなみに、アリアというのはハイシュル星系メナリスを統治するビーズ王家の王女で、エスパーであり主に治癒系、知覚系のESPを得意としている人物となっています。
 
王女様ということで、冒険しているときのコスチュームを見るとそんな感じはしないと思います。
 
美女系というよりも可愛い系といった感じで可愛らしい感じですよね(・ω・)
 
 
 

 

 

 

ところで、そのアリアとオレガノの立場が見てわかるところがゲーム内にはところどころに用意されていたりします。
 
その一部として、オレガノの頭のことに触れているシーンがあります。
 
場所としては、港町トルドというところで見ることができます。
 
 
 

 

 

 

港町トルドの酒場にいる男性に話しかけると・・・。。。
 
 
男性:「おっ あんたのツレの娘かっわいいなぁ!」
「どう?いっしょに飲まない?」
 
 
と、酒を一緒に飲まないか誘われます。
 
 
 

 

 

 

続きがあって・・・。。。
 
 
アリア:「えっ・・・」
 
オレガノ:「ダメですよ! 姫様」
 
アリア:「どうして? せっかくなのに」
 
オレガノ:「姫様ともあろうお方がそんなカルいことでどうします!」
 
アリア:「またオレガノは カタイ事ばっかり いうんだから・・・」
 
オレガノ:「当たり前です。だいいち姫様は 未成年ではないですか。ゼッタイ ダメです」
 
アリア:「そんなことばかり言ってるからハゲちゃうのよ」
 
オレガノ:「こ こ これはハゲではありません!!」
 
アリア:「あ ムキになってる」
 
オレガノ:「これは ESP放出時の生命体エネルギーの変化によって一時的に 髪の毛が抜けたのです」
 
アリア:「やっぱり そうじゃない」
 
オレガノ:「違います。断じて違います」
 
 
と、酔っ払いの男性はそっちのけでアリアとオレガノの漫才のようなものが始まります。
 
 
 

 

 

 

オレガノが一生懸命ハゲを否定しているところが可愛いですよね(・ω・)
 
一時的に髪の毛が抜けたということはまた髪の毛が生えてくるということなのでしょうか・・・。。。
 
ちょっと気になりますよね。
 
ところで、この会話は一度見ると再び見ることができなくなります。
 
 
 

 

 

 

この会話とはまた違ったものがソレイドの町でも見ることができます。
 
もし気が向いたときでも見てみるとより一層ゲームを楽しくプレイできるかもしれませんね(・ω・)