どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

マジカルサウルスツアー 最新恐竜図解大辞典

マジカルサウルスツアー 最新恐竜図解大辞典
ビクター音楽産業から発売されたデータベースです。
機種:PCエンジン(CD-ROM²)
 
迫力ある恐竜達の世界を楽しむことができる、電脳恐竜図鑑です。
 

 
・このゲームは、動く恐竜達を見たり、恐竜達のデータや解説を聞いたりすることができるデータベースとなっています。
 
 
・ゲーム内には各モードが存在しています。
 
 
[ガイダンス]
マジカルサウルスツアーを楽しむための基礎講座を聞いたり、コントローラの使い方などを聞くことができます。
 
 
[マジカルサウルスツアーモード]
時代スケール画面内にある当時の大陸図の中から選択すると、パノラマ画面へと移行して動く恐竜達を観察することができます。
 
 
[ネームインデックスモード]
辞書のように恐竜を名前で探索して、恐竜のデータを見たり、解説を聞いたりすることができます。
 
 
[系統樹モード]
恐竜の進化や分類をチェックできる他に、その恐竜を選択するとデータを見たり、解説を聞いたりすることができます。
 
 
[ページめくりモード]
見たい分類を選択するとページをめくるようにして恐竜のデータを見たり、解説を聞いたりすることができます。
 
 
[バラエティーボックス]
恐竜に関する雑学を見たり、恐竜に関するなんでもBEST3を見たりすることができます。
 
 
[エンディング]
エンディングを見ることができます。
 

 
このゲームはデータベースですので、とりあえず遊んでみて感じたことをまとめてみました。
 
 
➀臨場感溢れるものがあって楽しみながら勉強できました。
 
各モードがあるわけですが、パノラマがあったりして動く恐竜を見るだけではなく、名前で探しながら、系統を調べながら、分類はどうなっているのか、というものを各モードで見て調べることができるので結構勉強になりました。
 
名前がわからないときは分類から入ってみたり、系統樹には恐竜の形が描かれているので、分類や名前がわからなくてこちらから入ってみたりすることができるので、誰でもわかりやすいように検索できるところは非常に良かったところではないでしょうか。
 
 
➁バラエティーボックスが意外と面白かったです。
 
雑学が入っている「雑学ボックス」では、足の大きい恐竜や最も寒いところにいた恐竜など気になることがたくさん入っています。
 
また、恐竜のフンのことについて書かれていたりするところでは、恐竜が便器に座っているところが描かれていたりと、ちょっと面白くなっているところもあります(・ω・)
 
また、「なんでもBEST3」では頭の良い恐竜や足の速い恐竜など気になることをランキング形式でつけてあるのでわかりやすいかったです。
 

 
恐竜達のデータベースとなっているのですが、細かく掲載されているのとわかりやすく検索しやすくなっていて学習ソフトの一環でもあるかとも思いました。
 
ロロという可愛らしいガイドさんがこのマジカルサウルスツアーをガイドしてくれたりと可愛らしくできているので、子供にもわかりやすくなっているとも思いました。
 
数々の博物館の取材協力、参考文献が記載されてあったりして「恐竜のことならこれさえあればもう完璧!!」という肩書は嘘ではないぐらい結構な情報量だと思いました。
 
また、ナレーションにはあの渋い声で素敵な銀河万丈さん、ロロの声には可愛らしいお声の皆口裕子さん、ということで堅苦しくなく、楽しく恐竜達を学べるようになっているところは非常に良かったところでもありました。
 
このソフトは、PCエンジンというゲーム機を生かした恐竜大図鑑ですね(・ω・)