どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

ファミスタ’89開幕版!! 必勝攻略法

ファミスタ’89開幕版!! 必勝攻略法
双葉社から発売された本です。
 
ファミスタ’89開幕版!!を攻略するための攻略本です。
 

 
・本については、「ファミスタ’89HOW TO PLAY」「完璧版テクニック全集」「全14チーム完全データ編」「幻のチームデータ編」となっています。
ファミスタ’89HOW TO PLAYでは、プレイ方法や4球場の紹介やエディットモードについて掲載しています。
完璧版テクニック全集では、ピッチング編、フィールディング編、バッティング編、走塁編、監督編とそれぞれの内容にわけて解説してあるものを掲載しています。
全14チーム完全データ編では、ゲーム内にある14チームのデータを掲載しています。
 

 
この本を読んでみて、気になるところや感じたところをピックアップしてみました。
 
 
➀プレイ方法がわかりやすく掲載してあります。
 
操作方法などは別なところに掲載されているのですが、プレイするにあたって様々なことが掲載されています。
 
この本そのものは掲載されている順番や内容などはプロ野球ファミリースタジム’88 必勝攻略法と同じ感じになっています。
 
4つの球場の紹介など同じ感じになっているのですが、中身は’89開幕版となっています。
 
パスワードの復活やコンピュータに関することなど前作などにはないものや復活したものな’89開幕版ならではのことが書かれています。
 
ファミスタ’88の攻略本同様、わかりやすくなっているところは良かったです。
 
 
➁各チームの選手データがさらに見やすくなりました。
 
各チームのデータが掲載されている全チームデータ編なのですが、前作でもあるプロ野球ファミリースタジアム’88の攻略本よりも見やすくなりました。
 
書き方などは前作のものと同じような書き方だったりして同じような感じなのですが、ちょっと手が加えられているところがあります。
 
各ピッチャーの投げ方などを掲載しているところがあるのですが、名前の下に十字キーを押したときのボールの変化の具合や最高速度、スタミナなどの選手の能力値が書きこまれています。
 
もちろん前作の攻略本同様、他のページに表として掲載されていたりするのですが、各ピッチャーの説明書きを見ながら能力値の確認を同じページでできるので見やすいです。
 
書き方など内容は前作の攻略本と同じところが多い本なのですが、ところどころに手が加えられているところがあったりします。
 

 
本については、前作の攻略本でもあるプロ野球ファミリースタジアム’88 必勝攻略本と同じ感じになっているので、中身を確認すると選手などのデータなどぐらいが違うぐらいであまり変化に乏しいところはあります。
ゲームそのものもあまり変化に違いがなかったりもするので仕方がないところはあるかとは思いました。
前作の攻略本を持っているとちょっと物足りないところもある本だったりするのですが、選手のデータなどはしっかりと掲載してあるのでこれに関しては役に立つ本だと思います。
 
全127ページです。