どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

夢幻戦士ヴァリス

日本テレネットから発売されたアクションゲームです。
機種:PCエンジン(SUPER CD-ROM²)
 
ごく普通の女子高生の優子が正義に目覚め、ヴァリスの戦士として戦いを繰り広げていくアクションゲームです。
 

 
・ゲームはサイドビューのアクションゲームとなっています。
 
 
・残機制でライフの概念があります。
制限時間があります。
 
 
・主人公の基本攻撃は剣で攻撃します。
道中には攻撃アイテムが置いてあることがあり、取得することによって剣の先から様々な攻撃をすることができます。
各攻撃には3段階レベルが設定されていて、現在使用している武器と同じ攻撃アイテムを取り続けることによって1段階ずつパワーアップします。
 
 
・スライディングをすることが可能です。
十字キーの下+1ボタンでスライディングをすることができます。
スライディング中は雑魚敵ならダメージを与えることができます。
 
 
・魔法を使用することができます。
十字キーの上+2ボタンを押すことによって魔法を使うことが可能です。
魔法は各ステージいるボスを倒すと使える種類が増えていきます。
MPゲージが設定されていて、魔法を使用するとMPゲージが減少します。
 
 
・道中にはアイテムボックスや回復系のアイテム、攻撃系のアイテムが置いてあります。
 
 
・コンテニューが可能です。
回数に制限はないようです。
 

 
ゲームの難易度としては、難しい地点などありますが、頑張ればクリアできるというゲームでもあるので、特別難しくもないけどそれなりの難易度はあるゲームだとは思いました。
 
遊んでみて感じたことをまとめてみました。
 
 
➀ジャンプの使い分けを上手くしないと苦労することが多いです。
 
ジャンプするときは、ジャンプボタンを長押しすることによって高くジャンプすることができます。
 
アクションゲームあるあるかと思いますが、ボタンの押した長さによって高さを調整するものはあるかと思います。
 
で、このゲームなのですが、高くジャンプしたときに着地するとしゃがんでしまい、一瞬ですが行動が遅れてしまうんです。
 
特にボス戦ではこれをわかっていないと、高くジャンプしてしまったために遅れてしまいダメージを受けてしまうことが多々あるんですね。
 
 
➁敵は倒しても復活します。
 
アクションゲームの中では、敵を倒しても復活しないゲームもあるようですが、このゲームは違うみたいで、倒したら進んでいかないと苦労する地点はいくつかあります。
 
1uPアイテムはわりかし多めに置いてあるのですが、取ったら同じところをまた通過しないといけないところもあったりして、なかなか嫌らしく作られているところもあったりはします。
 
ちなみに、敵の耐久度は低いのが多いですが、中には色違いで耐久度の高い敵が登場するときもあるので、見た目で敵の癖や耐久度の違いなど判断しないといけないです。
 
雑魚敵の出現数は多くないと思いますが、場所によっては耐久度の低い敵と高い敵が混ざって出現するところもあるので、違いをわかっていないと通過するのに苦労する場所もありました。
 
ちなみに、ダメージを受けた際の無敵点滅時間は長めなので、立て続けにダメージを受けるということはないです。
 
 
➂回復系のアイテムは多めに出ますが・・・。。。
 
ライフやMPの回復系アイテムは多めに出るほうかと思いますが、このゲームではステージをクリアしても受けたぶんのダメージが回復したりすることがないようでして、クリアした時点でのライフやMPが次のステージに受け継がれるので、ボス戦でいかにしてダメージを受けないように倒すかが、ポイントになるかと思います。
 
というのも、回復系アイテムは多めに出ますが、ステージをある程度進めないと置いてないところもあったりして、前のステージのボス戦でダメージを受けすぎて瀕死の状態だとミスしてしまうんですね。
 
別にミスしても残機があるし、コンテニューも何回か使えるのでいいじゃないか、と思いますが、実はミスしてしまうと攻撃アイテムを取ったときの攻撃レベルが初期レベルまで下がってしまうんです。
 
 
➃ミスしてしまうと、攻撃レベルを上げるのに苦労するものもありました。
 
➂の続きになるのですが、このゲームで攻撃レベルを上げるには、「現在使用している武器と同じ攻撃アイテムを取り続けないとレベルが上がらない。」ので、攻撃レベルを上げるためには同じ攻撃アイテムを取り続けないといけないんですね。
 
ステージ内には偏った攻撃アイテムの配置だったりして、Hの文字であるハンターやAの文字であるアークショットなど、なかなか置いてないステージもあるんです。
 
このゲームで敵が出現する位置などは後方からや下の段から出現することも多く、ホーミング機能のあるハンターがあると攻略するのに楽なんです。
 
このハンターがあるのとないのでは難易度が全然違います。
 
シューティングゲームではパワーアップしてミスしてしまうとパワーダウンしてしまいますが、このゲームでも同じ感じになっています。
 
ミスしてしまい、通常攻撃に戻ってしまうと進めるのに苦労する場所も存在しました。
 
また、ライフも初期状態の位置から再開するので、ライフゲージを満タンにするためには、またハート集めをしなくてはならないわけですが、ダメージを受けてしまうとなかなかゲージを満タンにすることが難しくなっています。
 
攻撃レベル3を維持しながらゲームを進行するには、よりダメージを喰らう機会が多いボス戦でパターンを覚えて攻略していかないとなかなかできないです。
 
たいていのボスはライフが満タンの状態であればゴリ押しで倒せる者もいますが、ラスボスなどはゴリ押しで倒せない者もいるので、最後の方はパターンを掴まないと難しくなっています。
 

 
ゲームとしては、主人公の優子が走ったり、しゃがんだりする動作がリアルに作られていて良かったです。
 
また、ちょっとしたサービスでしょうか、ジャンプしたときにおパンツが見えるようになっていますね。
(オープニングでもちょっとしたサービスが見れますね。)
 
各ステージをクリアしたときに見れるビジュアルシーンも良くできていてストーリー内容を把握しやすいようになっています。
 
様々な武器を使用したり、魔法を使ったりと面白くできているところも良かったです。
 
ところで、このゲームですが、PCエンジンではこのゲームが発売される前にⅡ~Ⅳという続編的位置づけの物が発売されていたんですね。
 
順番から言うとⅣの後に発売されたようなのですが、1作目という物になっているみたいなんです。
 
1作目なのですが、SUPER CD-ROM²を生かした綺麗なグラフィックとBGMで非常に良くできていて、初めてプレイしたときの感動を今でも覚えています。
 
なにせ、あのヴァリスシリーズの1作目がグレードアップして登場してきたわけですから遊んでみたくてしょうがなかった時期があったんです。
 
難しいところもありますが、頑張ればクリアできるようにもなっているので、なんとか最後のビジュアルシーンを見ながらヴァリスの世界観を楽しむことができるのは良かったです(・ω・)
 
 

f:id:hamuponkichi:20220130125506j:plain

f:id:hamuponkichi:20220130125508j:plain
f:id:hamuponkichi:20220130125511j:plain
f:id:hamuponkichi:20220130125514j:plain
f:id:hamuponkichi:20220130125516j:plain
f:id:hamuponkichi:20220130125519j:plain
f:id:hamuponkichi:20220130125521j:plain
f:id:hamuponkichi:20220130125524j:plain
f:id:hamuponkichi:20220130125527j:plain
f:id:hamuponkichi:20220130125530j:plain
f:id:hamuponkichi:20220130125532j:plain
f:id:hamuponkichi:20220130125535j:plain
f:id:hamuponkichi:20220130125537j:plain

f:id:hamuponkichi:20220130125540j:plain