どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

三國志Ⅱ ガイドブック

三國志Ⅱ(三国志Ⅱ) ガイドブック
光栄から発売された本です。
 
三國志Ⅱを攻略するための攻略本です。
 

 
・本については、「三國志の時代」「コミック・長坂橋の戦い」「中国統一への道」「国土を望む」「三國志Ⅱ武将総覧」となっています。
三國志の時代では、ゲームに用意されている各シナリオのことが掲載されています。
中国統一への道では、内政面や戦闘面について掲載されています。
国土を望むでは、三國志Ⅱにおける14州と41ヵ国のマップなどが掲載されています。
三國志Ⅱ武将総覧では、各武将の紹介やデータなどが掲載されています。
 

 
この本を読んでみて、気になるところや感じたところをピックアップしてみました。
 
 
➀一度は読もう、三國志の結末。
 
第一部でもある、三國志の時代では各シナリオを詳しく紹介してあります。
 
そして、この第一部の最後のページには三國志の結末」というものが書かれてあるページがあります。
 
どのような歴史を辿ってきたのか、というものが書かれてあるようでして読んでみるとより楽しくプレイできるかと思います。
 
既に知っている人でも見てみてもいいかもしれませんね(・ω・)
 
 
➁内政面が親切に書かれてある気がしました。
 
この手のゲームは内政というものをしっかりしていないと難しいかとは思います。
 
どのコマンドがどの役割を果たしているのかといったものがわかっていないとどうしようもなかったりするのですが、「内政のしくみ」「人材登用の方法」など表として見てわかりやすくなっています。
 
また、「人口の多い国こそ内政を」と書かれている項目もあったりして、多くの国がある中、どこを優先的にやっていこうかというものがわかりやすくなっています。
 
計略や同盟、外交などゲーム内をプレイしていくうえで難しいものもあったりするわけですが、これらもどのようにしていけばいいのかというものが見やすく書かれてあります。
 
応用的なことが書かれてあることが多く、よりゲームを攻略しやすいように書かれてあるところが良かったとは思いました。
 
 
➂新君主のことが書かれてあります。
 
そういえば、このゲームには新君主というエディット機能のようなものがあったかと思いました。
 
新君主は自分である程度設定できるのですが、プレイしてみると意外と難しさを感じるかと思います。
 
一応、例として「ヒミコ、中国統一!?」というものが掲載されていて参考になるかとは思います。
 
どのシナリオでプレイしたら良いのか、とか、どのように設定すれば良いのか、とかいろんなことが書かれてあるので参考になることが多いです。
 

 
本については、基本的なことは書かれていませんが見たいことは書かれてあるのでまずまず良い攻略本だとは思いました。
 
とにかく見やすかったものとしては、武将のデータでしょうか。
 
全352人という多くの武将がいるわけですからどのようにまとめてあるのかと思ったら、武将の紹介とデータは別にしてありました。
 
データは五十音順で細かく記載されているので調べるのに非常に良かったです。
 
見たいと思っていることは上手くまとまっており、マップの写真も小さいながらも見やすくはなっているので活用できる攻略本だとは思います。
 
全127ページです。
 
 

f:id:hamuponkichi:20210302211012j:plain

f:id:hamuponkichi:20210302211013j:plain
f:id:hamuponkichi:20210302211016j:plain
f:id:hamuponkichi:20210302211023j:plain
f:id:hamuponkichi:20210302211026j:plain
f:id:hamuponkichi:20210302211029j:plain
f:id:hamuponkichi:20210302211035j:plain
f:id:hamuponkichi:20210302211038j:plain
f:id:hamuponkichi:20210302211041j:plain
f:id:hamuponkichi:20210302211048j:plain
f:id:hamuponkichi:20210302211050j:plain
f:id:hamuponkichi:20210302211056j:plain
f:id:hamuponkichi:20210302211059j:plain