どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

様々なエレベータ

 
エレベータってご存知でしょうか。
 
現代人であればエレベータは知っているかと思います。
 
ですが、この天外魔境 卍丸というゲームの舞台はジパングという名称を用いていることから、相当古い時代背景だということがわかります。
 
エレベータという物はなかった時代だと思うのですが、なんとエレベータが登場するところがあるんです。
 
 

f:id:hamuponkichi:20191214174546j:plain

f:id:hamuponkichi:20191214174551j:plain
f:id:hamuponkichi:20191214174556j:plain

 

 

場所としては、尾張の国ある鬼骨城というところの中で見ることができます。
 
エレベータというと鉄の箱型のものだったりするのですが、この鬼骨城で登場するエレベータは手の形をしています。
 
 

f:id:hamuponkichi:20191214174601j:plain

 

 

エレベータについては、悪の三博士の一人”デーロン博士”が丁寧に説明してくれます。
 
 

f:id:hamuponkichi:20191214174607j:plain

f:id:hamuponkichi:20191214174611j:plain
f:id:hamuponkichi:20191214174618j:plain

 

 

エレベータは他にもあり、イヒカの村というところにリフト型のエレベータがあります。
 
・イヒカとは、ジパング各地に残る古代文明の大部分を作った人々。その祖先は、千年前に根の一族から逃げ出した科学者の一団である。
 
ということらしいです。
 
時代背景が古いものとなっているゲームなのですが、科学者の一団が住んでいる村があるわけですから、エレベータがあっても不思議ではない気がします。
 
 

f:id:hamuponkichi:20191214174622j:plain

f:id:hamuponkichi:20191214174627j:plain
f:id:hamuponkichi:20191214174632j:plain

 

 

また、石見の国の犬神寺というところの地下は土偶ロボ軍団のアジトとなっています。
 
ここをクリアすると土偶ロボが手に入るわけでして、奥にある土偶ロボ専用のエレベータを利用することができます。
 
 

f:id:hamuponkichi:20191214174638j:plain

f:id:hamuponkichi:20191214174642j:plain
f:id:hamuponkichi:20191214174646j:plain

 

 

さらに、魔海城というお城の中にもエレベータがあったりします。
 
機械的な感じではなく、潮を利用して上の階と下の階を行き来することができます。
 
ちょっとクジラの潮吹きみたいな感じで面白いですね(・ω・)
 
エレベータといっても様々な形があるもんですね~。