どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

ジッピーレース

セガから発売されたレースゲームです。
機種:SG1000(SC3000)
 
バイクを操作してライバル車と競い合いながらアメリカ大陸を横断するレースゲームです。
 

 
・ゲーム画面は通常のレース中はトップビュー画面で、チェックポイントが近づいてくると3D視点になります。
 
 
・コースはオンロードとオフロードの2種類あります。
オフロードのコースの場合、若干スピードが落ちます。
 
 
・燃料が設定されています。
燃料が切れた場合はゲームオーバーとなります。
残機はありません。
 
 
・コース上には車が走っています。
追い越した場合はRANKが上がります。
 
 
・コース上には様々な障害物など存在します。
 
 
・車や障害物に接触した場合、コースアウトした場合はミス扱いとなります。
ミスしたときは若干燃料が減ってしまいます。
このときに後ろから来た車に追い越されるとRANKが下がります。
 
 
・コース上にはGASと書かれている物が置かれてあって、これを取ると燃料が回復します。
 
 
・チェックポイントに到達したときはゴールしたときのRANKによって燃料の回復量が違います。
 

 
ゲームの難易度としては、ファミコン版と比べた場合は簡単なほうでしょうか。
 
遊んでみて感じたことをまとめてみました。
 
 
➀自車の移動スピードが遅い感じがしました。
 
ファミコン版と比べると自車の移動スピードが遅い気がします。
 
よって、障害物など回避するのが楽でした。
 
 
➁3D視点でもある、ハイウェイでは違いがあるようです。
 
確かファミコン版では道路の端っこを走行していれば対向車に当たらない、という安全地帯があったかと思いましたが、SG版ではそれが使えないようです。
 
対向車は思いっきり当てに来ます。
 
ですが、対向車の動作そのものは1回動きを入れるだけみたいで、避けるのは簡単だったりもしました。
 
 
➂キャラが小さい気がしました。
 
ファミコン版と比べるとライバル車や自車といったキャラが小さい気がするのですよ。
 
気のせいかもしれませんが、結構避けやすいです。
 

 
ジッピーレースファミコン版の方が有名かと思うんですが、比べるとグラフィック面などはファミコン版の方が色鮮やかで綺麗だとは思うのですが、SG版もなかなか頑張っている感じがしました。
 
画面右側の表示部分にある現在の走行位置を示すものも違いがあったりするのですが、こちらはSG版の方が見やすかったです。
 
ファミコン版の方が有名かと思いますが、どちらを遊んでも面白いと思います。
 
 

f:id:hamuponkichi:20191106162828j:plain

f:id:hamuponkichi:20191106162831j:plain
f:id:hamuponkichi:20191106162837j:plain
f:id:hamuponkichi:20191106162841j:plain
f:id:hamuponkichi:20191106162845j:plain
f:id:hamuponkichi:20191106162850j:plain
f:id:hamuponkichi:20191106162854j:plain
f:id:hamuponkichi:20191106162859j:plain
f:id:hamuponkichi:20191106162904j:plain