どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

ギタドラの新しいバージョンで遊んできました(・ω・)

ギタドラ新しいバージョンになったようなので遊んでみました(・ω・)
 
 

f:id:hamuponkichi:20191012123746j:plain

f:id:hamuponkichi:20191012123752j:plain

f:id:hamuponkichi:20191012123757j:plain

f:id:hamuponkichi:20191012123802j:plain

 

 

新しいバージョンの名前は「GITADORA NEX+AGE」という名前みたいでして、読み方はギタドラ ネクステージ」となるようです。
 
ちなみにギタドラとは、ギターやドラムをリアルに演奏して遊ぶことができるゲームとなっているようです。
 
コナミアミューズメントから出ているゲームのようです。
 
ギタドラ音ゲーの中でも人気があるほうでしょうか、特にドラムのほうはプレイしている人が多い気がします。
 
人気もあるからか、シリーズも長く続いていますね(・ω・)
 
私もゲームセンターに足を運んだ際にはプレイしたりします。
 
まぁ、プレイするわりにはなかなか上達しなかったりするんですけどね。
(汗)(汗)(汗)
 
 
f:id:hamuponkichi:20191012123812j:plain
f:id:hamuponkichi:20191012123816j:plain

 

 

ところで、新しいバージョンをプレイしてきました。
 
ギタドラにはスキルシステムというものがあるようでして、プレイヤーのプレイの腕前みたいなものを示すものとしてデータを残すことができたりします。
 
毎回バージョンが新しくなると、このスキルシステムのデータが一新される、というか初期化されてしまいます。
 
バージョンが新しくなったことによって一部のデータがなくなってしまったりするのですが、クリアしたときのランクなどは残るようです。
 
ギタドラでは、このスキルシステムが肝となっているでしょうか、スキルは曲をクリアしたときに数値化されていてこのスキル値を少しでも上昇させるために何度もプレイしたりするときがあります。
 
ゲームをするうえで熱中しやすいものを導入していて、以前はこれに躍起になっていたこともありました。
 
最近ではプレイ頻度が落ちているのもあってか、曲をクリアしたときの成績が下がる一方なのであまりスキルシステムにこだわらなくなりましたね。
 
少しでもスキル値を上昇させるためにお金をつぎ込んでしまったときもありましたので、ゲーム本来の楽しむ要素を奪っていたこともありましたし。
 
まぁ、ゲームをするうえで目標となるものを設けてプレイするというのも悪くはありませんが。
 
と、こんなことも最近思っていたのもあってか、ギタドラに関しては完全なるエンジョイ勢という感じになりました。
 
個人的にギタドラに関して思うことはこんな感じとなっています。
 
 
f:id:hamuponkichi:20191012123821j:plain
f:id:hamuponkichi:20191012123825j:plain
f:id:hamuponkichi:20191012123830j:plain
f:id:hamuponkichi:20191012123835j:plain

 

 

ところで、新しいバージョンでは前作のExchainと基本的なことは変わらない感じとなっていました。
 
ギタドラでは曲のLvが変更になるときがあるので、曲そのものが前作のものと比べてLvが変更になったのかまで詳しいことは調べてみないとわかりません。
 
ドラムに関しては、曲のLvはLv相応な感じだと思いましたが、ギターの方はLvのわりには難しいものが多い気がしました。
 
難しいといっても、クリア的な難易度としては適正な気がしますが、コンボを繋げるための難易度としては高い気がします。
 
まぁ、私の腕前が落ちているのもあって余計にそう感じるのかもしれませんが。。。
(汗)(汗)(汗)
 
 
f:id:hamuponkichi:20191012123840j:plain
f:id:hamuponkichi:20191012123844j:plain

 

 

ところで、アンコールステージ「ひまわり*パンチ」の曲が入っていました。
 
「悪魔のハニープリン」という曲名です。
 
ひまわり*パンチといいますとギタドラを代表するキャラクターが登場したりする曲だったりするのですが、難易度的に緩い曲が多かったです。
 
ですが、この度NEX+AGEではアンコールステージというボス曲に登場してきました。
 
この曲なのですが、ギター&ドラム共にまさにタイトル通りの悪魔の難易度となっていますね。。。
 
今作では、いろんなところに新しい試みでもあるのかな、、、とも思うような感じでした。