どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

オンゲキをプレイしてみました(・ω・)

今日は”オンゲキ”という音ゲーちょっと遊んでみました(・ω・)
 
 

f:id:hamuponkichi:20190701190141j:plain

 

 

オンゲキというゲームはジャンルとしては音ゲーの部類に入るでしょうか。
 
どうやら、セガ・インタラクティブというところから出たゲームのようです。
 
初めて稼働したのは2018年頃でしょうか、どうやらバージョンも新しくなっているようですが、ぽんきちは全然プレイしたことがなかったのであります。
 
稼働したばかりのときは並んでいる人がたくさんいてプレイしてみようかどうか迷っているうちにいつの間にか日にちだけが経過していました。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190701190209j:plain

 

 

ところで、店内には可愛らしいキャラクターが描かれているポスターが貼っていて思わずプレイしたくなりますよね(・ω・)
 
どういうことか、いつも行っているゲームセンターに行ってみたのですが、まったくプレイしている人がいなかったのでお試しプレイをしてみたくなったのでプレイしようかと思いました(・ω・)
 
初見プレイですので、周囲に上手い人などが見ていると気になってしょうがないので人がいないときにひっそりとプレイするのがいいんですね♪~
 
 

f:id:hamuponkichi:20190701190235j:plain

 

 

音ゲーといいますとコナミ音ゲーが多いでしょうか、ボタンを押すタイプのものですとビートマニアポップンミュージックなどがあったりして筐体に多くのボタンが配置されていたりします。
 
このオンゲキというゲームには前面にボタンが6つと中央にレバーが配置されています。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190701190245j:plain

 

 

そして、ちょっとわかりづらいのですが、サイドのほうに大きなボタンが配置されているのが特徴的です。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190701190250j:plain

 

 

で、音ゲーには譜面というものがあり、ノーツには赤や緑、青といった色分けしてあります。
 
ポップンミュージックのように色分けしてあるのでわかりやすいですね。
 
他にも長押しするものやレバーを倒して反応するもの、サイドボタンを押すものなど様々なものがあって忙しいです。
 
あとは、レバーを動かすとキャラクターが動くようでして、レーンから外れるとダメなようになっていたりするようです。
 
演奏しながらキャラクターを動かして様々な物を取っていったり、敵の攻撃を避けたりすると斬新な音ゲーのようですね(・ω・)
 
なんだか、ルールを理解しきっていないぽんきちですが、こんな感じの音ゲーみたいです。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190701190257j:plain

 

 

ということで、早速プレイしてみました(・ω・)
 
このゲームはAimeというカードがあれば名前などを登録してプレイデータなどを保存できるようです。
 
ちなみに、以前に頭文字Dで登録しておいたときに買っておいたカードがあったので使いました。
 
カードを利用して登録すれば初回は無料でプレイできるようです。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190701190307j:plain

 

 

ノーツのスピードは自分で設定しなくても、そのプレイする人の腕前で調整してくれるようでして楽でした。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190701190312j:plain

f:id:hamuponkichi:20190701190319j:plain

 

 

初見プレイでしたが、赤色の枠になっているLvでもなんとかなるような感じでした。
 
初めて遊んでみた感想としては、コナミ音ゲーサウンドボルテックスというゲームがあるのですが、あれに良く似ている感じだと思いました。
 
オンゲキのほうがキャラクターが動いたり対戦があったり、細かいストーリーなども見れたりするので演奏だけを楽しむような感じの音ゲーではない感じです。
 
ちょっと、ポップンミュージックサウンドボルテックスを両方取り入れた感じの音ゲーだとは思いました。
 
可愛らしいキャラクターが動いたりするので楽しい音ゲーですね(・ω・)