どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

ウルティマ恐怖のエクソダス 完全攻略テクニックブック

ウルティマ恐怖のエクソダス 完全攻略テクニックブック
徳間コミュニケーションズから発売された本です。
 
ブリタニア王国に平和を取り戻すための攻略本です。
 

 
・本については、「旅立ちの章」「冒険者の章」「大地の章」「迷宮の章」「栄光の章」と章ごとに区分けされています。
旅立ちの章は基本テクニックについて、冒険者の章はキャラメークについて、大地の章は都市マップについて、迷宮の章はダンジョンについて、栄光の章は究極の謎について、と章ごとに内容が設定されています。
 

 
この本を読んでみて、気になるところや感じたところをピックアップしてみました。
 
 
➀基本的なことが多く書かれています。
 
特に第1章である旅立ちの章で基本的なことが多く書かれています。
 
自由度が高く、序盤では何をしていいのかわからないゲームでもあるのでしっかり基本を掴んでいないとなかなか先に進めることは難しいゲームです。
 
キャラメイクの仕方やどういったパーティーを編成したいったらいいのか、など参考にするところも多いので役に立ちます。
 
 
➁敵の情報は少ないです。
 
RPGには敵というものが存在していることが多いかと思います。
 
攻略本にもたいていの本では敵データなどが掲載しているパターンは多いのですが、この本では、第1章の旅立ちの章で敵の紹介程度にしています。
 
体力がどのぐらいあるのか、というようなデータ的なものはどこにも掲載されていないので戦闘で戦略を立てたりする、ということに関しては役に立つとは言えないです。
 
 
➂町などの情報が少ないです。
 
町の中などにはお店などもあるわけでして、売っている物の値段など掲載されていないです。
 
あと、何が置いてあるのか、というものも記載されていませんので実際その町などに行かないとわからないところが多いです。
 
なんのための町の情報を掲載しているのか、といったところもあり情報が少ないですね。。。
 
 
➃攻略が中途半端です。
 
この本での掲載情報は第5章の栄光の章にあるアンブロシアまでとなっています。
 
最後のエクソダス城のことなどは一切触れていません。
 
このゲームではアンブロシアに辿り着いてからが本当の冒険の始まりみたいなところもあるかと思いますので、ここまで掲載しておこうかな、的なことだったんでしょうね。
 

 
本については、攻略本というよりも冒険の旅立ちのためのガイドブックみたいな感じでして、不完全であるのと物足りなさを感じる本でもありました。
 
使用してあるページ数も多いのですが、それに見合った情報が少ない気もしますね。
 
全127ページです。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190410170444j:plain

f:id:hamuponkichi:20190410170448j:plain
f:id:hamuponkichi:20190410170451j:plain
f:id:hamuponkichi:20190410170510j:plain
f:id:hamuponkichi:20190410170512j:plain
f:id:hamuponkichi:20190410170514j:plain
f:id:hamuponkichi:20190410170522j:plain
f:id:hamuponkichi:20190410170524j:plain
f:id:hamuponkichi:20190410170527j:plain
f:id:hamuponkichi:20190410170534j:plain
f:id:hamuponkichi:20190410170537j:plain
f:id:hamuponkichi:20190410170541j:plain
f:id:hamuponkichi:20190410170548j:plain