どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

ダーティペア プロジェクトエデン

ダーティペア プロジェクトエデン
バンダイから発売されたアクションゲームです。
 
高千穂遥氏による小説、アニメでも人気があった作品をゲーム化したものみたいです。
WWWAに所属するユリケイの二人の美女が大暴れ(・ω・)、、、いや、与えられた任務を遂行したり事件を解決していくという内容みたいですね。
ゲームの内容では、16枚のディスクを取ってワッツマン教授を捕らえるのが目的みたいです。
 

 
・ゲームの画面は大きく分けて2つに分類されます。
シーン1とシーン3は横スクロール型のアクションゲームとなっていて、強制スクロールになっています。
シーン2とシーン4は各画面を切り替えながら建物内を進んでいく探索型のアクションゲームとなっています。
 
 
・2人同時プレイが可能です。
1人でプレイする場合はユリが主人公となります。
2人でプレイする場合は1P側がユリ、2P側がケイとなります。
 
 
・ライフの概念はなく、敵と接触、または穴に落ちるとミス扱いとなります。
また、シーン1とシーン3では強制スクロールなので、壁に挟まったときもミス扱いとなります。
2人プレイの場合はどちらかがミスした時点でミス扱いとなります。
 
 
・アイテムがあります。
道中、様々な効果をもたらしてくれます。
シーン2とシーン4ではもあって、カードキープラスティック爆弾など扉を開けるために必要なアイテムもあったりします。
シーン3ではスターを8つ集めるとムギが出てきて、敵を瞬時に倒してくれます。
 
 
・各シーンごとにクリアの条件が違います。
シーン1とシーン3では画面右端のゴールまで行けばクリアとみなされます。
シーン2とシーン4ではディスクを8枚集めて目的の位置まで行けばクリアとみなされます。
 
 
エアカーという乗り物があります。
エアカーに乗るとエアカーを自由に操作しながらシューティングゲームのような感覚で遊ぶことができます。
エアカーに乗った場合に敵と接触するとエアカーがなくなってしまいます。
敵と接触した位置が悪いと一撃でミスとなってしまうこともあったりはします。。。
 

 
ゲームの難易度としては若干高いでしょうか。
 
遊んでみて感じたことをまとめてみました。
 
①主人公の当たり判定が大きいのではないでしょうか。
当たっていないと思われる位置で接触したときにミスすることが何回かありました。
ユリの場合ですと、髪が長いからか後ろ髪辺りに触れたときでもミスすることが何回かあったんです。
 
敵の攻撃が激しいところもあるので、当たり判定が大きいのは結構痛いところです。。。
 
自分のゲームだけそうなのかわかりませんが。。。
 
 
②シーン2とシーン4で敵と対峙するとき敵との縦位置を完全にずらしているのにも関わらず、なぜかミス扱いとなってしまいました。。。
 
ベルトスクロールアクションと同じ様な視点なのですが、主人公の当たり判定に関しては横スクロール型のアクションゲームと同じ様になっているんですね。
 
その癖、敵に攻撃を当てるときは、縦位置をちゃんと合わせないと攻撃が当たらないことから、ずいぶんとズルいなぁ~、とか思ってしまったんですが。。。
 
これも、自分のゲームだけそうなのかわかりませんが。。。。。。。。。。。
 
 
③扉を開けるのに苦労します。
シーン2とシーン4ではがあって、開けないことには進めないようになっているようなんです。
 
扉と接触した際に開くときとそうでないときがあるんですよ。
 
何回接触しても開かないので鍵が閉まっていると思うんですが、ちょっとこのあたりはわかりづらいところはあります。
 
扉が開かないと思って、火炎弾を何回か当てたりすると開いたり、それでも開かないときがあったりと、このあたりの判定についてはわからないことが多かったです。
 
敵を倒してもすぐに再生するので、扉を開けるのに手間取っているとミスすることが多かったです。
 
正直言って、ほとんどの扉が接触しても一発で開かないものが多かったので、適当に火炎弾を投げたりして開くかどうか試した、というのがあります。。。
 
 
④エアカーの操作に慣れが必要でしょうか。
エアカーが上昇するまでなのですが、若干遅かったり、跳ねたりするときもあったりするので多少慣れが必要かと思いました。
 
あと、エアカーですが、当たり判定も広くなるので、避けるということについては難しくはなります。
 
2人で攻撃するので攻撃範囲は広くなるので使い勝手は良くなるのですが、敵の攻撃を受けたときなど位置が悪かったりすると、エアカーから降りる位置も悪く、そのまま敵と接触してミス、ということが多々ありました。
 
ですが、エアカーに乗っているときは画面上部にいると大体は安全に行けることが多いので、乗っていないときよりは大分楽だとは思います。
 
 
⑤敵を倒したからといって安心できません。
敵を倒したときに破裂するのとかいて、その破裂した破片に当たるとミス扱いとなることがあります。
 
あと、敵を倒したときに渦巻き状になることがあるのですが、これに接触したときにもミス扱いとなることが多々ありました。
 
破裂する奴はとくに破片の範囲が広いので、至近距離で倒すとやられることが多かったです。
 
強制スクロールであるからか、敵の倒し方が悪いとどうしても至近距離で対面してしまうこともあって、倒せないことには通過できない場面に遭遇することもあるんですね。
 
なかなか、難しいゲームです。。。
 
 
⑥ハートって何に使うの??とかずっと思ってました。
ハートを100個集めると1uPするようです。
 
ゲームオーバーになった際にコンテニューしたときに、取ったアイテムなど引き継がれるのでゼロになることはないのですが、ハートが100個も取れるほどたくさんのハートがないんですよ。
 
スーパーマリオのように土管に入ったらコインがたくさんあるような、そういった部屋もないようですし、ハートを100個も集めるのはかなり困難なのではないでしょうか。。。
 
ハートを取った場合、画面を切り替える、ミスするなどしてハートが復活していないのと、シーン1、シーン3では強制スクロールなので戻ることができませんので、無理ではないか、、、と思っているんですが。。。
 
一応コンテニューすれば、ハートがあった場所に復活しているのですが、100個も集めるのは根気がいるかと思います。
 
何回もやり直せば1uPできるという感じではありますが。。。。
 
ちなみに、シーン4のある部屋に行くと、ラブリーエンゼル号(・ω・)から補給物資を持って来たぺったんハート5個と各武器全部と交換してくれるんですね。
 
ハート100個で1uPとハート5個で武器全部というものを比べた場合、「えっ!?ナニ??」とか思ってしまいましたが。。。
 
というか、ハートを5個以上持っている場合、全て没収、、、というか全てのハートと交換とか、、、「えっ!?」とか思ってしまいましたが。。。。。。
 
ハートについてなのですが、攻略本に記載されていた情報なんですね。
 
ちょっと、このあたりはよくわかりませんでした。。。
 

 
ゲームを総合して見たところ、横スクロール型のアクションゲームと建物内の探索をメインとしている内容は面白いとは思ったのですが、当たり判定など実際ゲームをしてみると感じることが多くて、アクションゲームとしてはやりづらいものを感じたところは多かったです。
 
あと、1Pモードでもユリ意外にケイも選択できるような、そういうものが欲しかったとは思いました。
 
2人同時プレイで協力プレイができる点に関しては評価できるかと思います。
 
エンディングに関してはマルチエンディングのようでして、プレイの内容によって変化するようです。
 
コンテニューが何度もできるのと、セーブができるという意味では遊びやすい環境は整っていたと思います。
 
ダーティペアの雰囲気は出ているかと思いますが、アクションゲームとしての出来がもう少し良ければ、というそんな感じのゲームだとは思います。
 
ソフトのパッケージのイラストや説明書の内容、ゲーム設定など良かっただけに、正直言って、もったいないところが多いです。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190331204935j:plain

f:id:hamuponkichi:20190331204937j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331204939j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331204945j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331204948j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331204950j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331205002j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331205005j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331205007j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331205016j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331205018j:plain

f:id:hamuponkichi:20190331205020j:plain