どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

パニックスペース

パニックスペース
徳間書店から発売されたパズルゲームです。
 
ファミリーコンピュータMagazineという雑誌の企画で一般公募した優秀な作品をディスクシステムで発売したシリーズの第2弾みたいです。
パニックスペースはMSX FANというものに掲載されていたのが元となるようです。
 

 
・ゲーム画面は1画面固定式です。
 
 
・残機制です。
 
 
・基本的なルールは、レーザー砲から出ているレーザーを扉に当てると"EXIT"の文字が表示されるので入るとクリアとなるゲームです。
出口にレーザーを当ててEXITの文字を表示させてしまえば、レーザー砲から出るレーザーを塞いでしまっても入ることができます。
レーザー砲は動かせることができます。
 
 
・レーザーを外側の壁、緑色の壁、ピンク色のブロックで×の模様があるブロックに当てるとミス扱いになります。
 
 
・レーザーはピンク色のブロック(×模様じゃないブロック)に当てると止まります。
2種類のピンク色のブロックは動かすことが可能です。
 
 
・反射鏡という三角形の物があります。
これの斜辺にレーザーを当てると、その角度に応じた向きにレーザーを変えることができます。
また、斜辺じゃない他の辺に当てた場合はレーザーを止めることができます。
反射鏡は動かすことが可能です。
 
 
・水溜まりみたいなものは隕石みたいでして、これの上はブロックや反射鏡など動かせる物体を通過させることができません。
レーザーを当てると壊すことができて消せます。
隕石そのものは動かせることはできません。
 
 
STARTボタンを押すことによってギブアップすることができます。
大概多くのゲームにはゲームを中断するためのポーズ機能というものがSTARTボタンに割り当てられていることが多いかと思いますが、ゲームを中断しようと思って間違って押すとギブアップしてしまいますので注意が必要です。
ちなみに、ゲーム中のポーズ機能というものはないようです。
 

 
ゲームモードとパズルモードというものがあります。
 
同じような内容なのですが、ルールなどに違いがあります。
 
 
①ゲームモードでは、1つずつ面をクリアしていく形で進行していきます。
制限時間が与えられていて、制限時間内にクリアしなくてはなりません。
歩く度にスコアが減っていきます。
 
マップ内にはアイテムが出現します。
時計:時間を止めることが可能です。
爆弾:反射鏡、ピンク色のブロック(×模様も含む)、レーザー砲を壊すことができます。
ブラックホール:レーザーを一定時間吸収することができる。
 
基本的にアイテムを使用した場合残り数が減っていきます。
 
使わない場合は次の面へと持ち越すことが可能で増やしていくこともできます。
 
 
パズルモードではアイテムを使用することができません。
というか、アイテムその物がマップ内に登場しません。
時間が増えていく形式でして、時間内にクリアしないといけないということはありません。
STEP数というものが表示されていて歩いた歩数をカウントしていきます。
隕石は全て破壊しないとクリアできないようになっています。
 
 
③エディットモードがあります。
 

 
ゲームの難易度に関しては、モードによって仕様など違いがあるので分けて記載したいと思います。
 
 
①ゲームモードに関してはじっくりと考える時間があればなんとかなるレベルではないか、とも思いました。
 
ゲームモードでは隕石を壊さなくてもクリアできるようになっているので、とりあえずレーザーを出口まで導くルートを確保すればクリアできる感じです。
 
ルートを確保するためには反射鏡やブロックを動かすことを優先的にしていけば問題はないかとも思いました。
 
先の面に進むほど難しくなっていく感じではなく、障害物を避けるだけでクリアできる面も存在しているので、先に進んだからといってどんどん難しくなっていく感じではないです。
 
行き詰まるようでしたら、簡単な面でアイテムを補充しておいて、溜めておいたぶんを使用することも可能ですので、ゲームモードに関しては比較的優しいほうになるかと思います。
 
アイテムを使わずクリアしようかと考えた場合は制限時間内にクリアすることも考えると難しくはなります。
 
 
②パズルモードに関してはあまり時間とステップ数を考えなくてもいいようになっています。
 
このあたりに関してはある程度じっくりとプレイできる環境が整っているとも思えるんですが、なにせパズルモードでは出口にレーザーを当ててもEXITの文字が表示されず、隕石を全て壊さないとクリアできないようになっているため、かなり難易度が高いです。
 
ゲームモードで使用できたアイテムも使うことができないためにさらに拍車をかけています。
 
ゲームモードで隕石を壊さなくてもクリアできる面がいくつか存在していて、全ての反射鏡を使わなくても良かったりするのですが、ほぼ使わないとクリアできないような感じが多くなってきます。
 
ゲームモードで後半の面で簡単にクリアできた面、例えば48面なんかはゲームモードでは後半の面とは思えないほど簡単にクリアできる面だったわけですが、パズルモードでは激ムズな面となってしまいます。
 

 
個人的にプレイしてて感じたのは、ゲームモードの後半の面ではアイテムを使わないという条件でプレイした場合、パズルモードとほぼ変わらないほどの難易度になるかと思いました。
 
45面、47面、49面、50面は特に難しくて、レーザーのルートを確保しようとしたときに結局のところ画面内にある全ての隕石を壊せる箇所を通過させないといけないのでパズルモードとさほど変わらない難易度ではないかと、とも思いました。
 
狭い箇所でのブロックを移動させたり、反射鏡の位置を変えたりしなくてはならず、アイテムを使うにしても、どこで使えばいいのか、というのも見極めないと無駄に使うことがあって難しいです。
 

 
それにしても、よく出来ているパズルゲームでして面白いですね(・ω・)
 
アイテムという物もあるので、どこかで行き詰まってしまいもどかしい気持ちになることが少ないのは良かったと思いました。
 
もちろん、パズルゲーム本来の楽しさを味わうのにはアイテムを使用しないほうが楽しみが増すかとも思うのですが、それとはまた別にやり込めるようにパズルモードで遊べるというものもあったのも良かったと思いました。
 
イデアも面白いゲームでしたが、内容も良く出来ていて面白いゲームです。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190331180813j:plain

f:id:hamuponkichi:20190331180817j:plain

f:id:hamuponkichi:20190331180819j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331180828j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331180830j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331180832j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331180840j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331180842j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331180845j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331180853j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331180856j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331180858j:plain

f:id:hamuponkichi:20190331180903j:plain