どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

エッガーランド 迷宮の復活

エッガーランド 迷宮の復活
 
ハートフレーマーを全て集めて宝箱から出る鍵を取ってクリアしていくアクションパズルゲームの第2弾みたいです。
 

 
基本的なシステムやルールなどは前作までと変わらないです。
・今作はROMで登場しました。
 
 
・前作と基本的なシステムなど変更はないのですが、マップが広くなって遊べる部屋が増えました。
 
 
・また、前作はディスクシステムという媒体だったのでゲームを保存する環境がディスクへ書き込みセーブできるものでしたが、今作ではパスワード方式になりました。
パスワードはゲームオーバーになると表示されます。
 
 
・大きな変更点はないのですが、今作では部屋をクリアしても開かない扉があります。
袋小路になっている部屋などにある宝箱には"大きな鍵"があって、その大きな鍵を使用すると開くようになっています。
手に入れると画面右側にストックした数が表示されます。
 
 
・ベルという物が存在します。
特定の部屋をクリアするとベルが出現します。
ベルは特定の部屋に行くと鳴ります。
ベルが鳴った部屋には"ある仕掛け"が用意されていて、エメラルドフレーマーを一定の列に並べると神様がいるエリアに行くことができるようになっています。
 
 
・ヒントをくれる大仏様がいる部屋があります。
 
 
・今作では神様がいる部屋に辿り着く方法がちょっと変わりました。
前作では制限時間内に宝箱を取ると神様を取得した状態になったわけですが、今作では複数の部屋を攻略しないと神様がいる部屋に行けないようになりました。
 

 
難易度としては高いです。
前作と比較しても難易度が上がったと思いました。
 
いくつか感じたことをまとめてみました。
 
 
①ハートフレーマーを取れるものから取っていけばいい、という部屋が少なくなったと思いました。
 
宝箱を取った後に敵の攻撃を受けたり、矢印が豊富にある部屋もあることから、取れるから取ってしまうと宝箱を取れない部屋もあったりしました。
 
1度プレイしてみると「あれ??」と気が付くことが多く、よく考えないといけない部屋がいくつか増えたように思います。
 
 
②やはり、アルマの誘導が難しいと思いました。
今作ではアルマの数が多い気がします。
 
狭いところに複数のアルマが存在していて、エッガーショットを使ったり、エメラルドフレーマーを動かしたりすることが多くて、なにかと忙しいのと、繊細なコントローラー捌きが必要な場面が多いです。
 
アルマはロロと同じ位置にいるときで横に移動するときにアルマジロのように転がっていって壁にぶつかるまで止まらないので、この習性を知っていないとクリアできない部屋が多いところは辛いところです。。。
前作では適当に誘導してもクリアできたりしてましたが、今作では確実に誘導できる方法を見つけないとクリアが困難な部屋が多すぎです。。。
 
 
③リーパーを壁役として使う機会が多く、誘導の仕方など難易度が高くなったと思いました。
 
リーパーはロロの背中を追っかけてきて、接触すると眠ってしまいゴルの火やメドーサなどの呪いを受けさせるための壁役として使える敵です。
 
ときにはエメラルドフレーマーを利用しながら狙った位置に止めたり、リーパーは眠らせる前の状態ですと卵の状態にすることができるので、それを利用して止めたりするなど工夫しないといけない部屋もあるので難しくなったと思います。
 
 
④半キャラずらして、というものが多いです。
半キャラずらしてエメラルドフレーマーを置いたり、リーパーを狙った位置に止めたりなど多くなったと思います。
 
半キャラずらしテクニックは今作では当たり前のように使っていかないとクリアできない部屋が多く、前作をプレイしたことがない人ですと困惑することが多いかと思いました。
 
 
⑤ドンメンドーサを利用して歩かないといけない部屋が多いです。
利用して歩くということなのですが、メンドーサの呪いの攻撃を防ぐために利用して歩くことがあるんです。
 
ドンメンドーサの正面、あるいは隣接すると呪いの攻撃を受けるわけですが、ドンメンドーサは縦か横のどちらかの方向を往復して障害物にぶつかると反対方向へと進行方向を変えるのですが、そのときにドンメンドーサの進行方向と同じ方向へと歩くとドンメンドーサの呪いの攻撃を受けずに平行して歩くことが可能なんです。
 
結構タイミングがシビアなのですが、別な場所にいるメンドーサの呪いを受けるであろう地形にこうして配置されていることもあって、エメラルドフレーマーが足りないところなどでこうしてテクニックを使用しないとクリアできない部屋が多々あるんです。
 
もちろん、失敗するとその時点でミス扱いになってしまうので厳しいものがあります。
 
あとは、ロッキーを利用してゴルの火を避ける方法もあったりして、これも知っていないとクリアできなかったりします。
 
 
⑥ゲームを中断する方法でしょうか。
ゲームを中断というか、現在の画面を維持しながら止める方法と言ったほうが正しいのかもしれませんが、前作ではスタートボタンを押すことによってゲーム進行を止めたままの画面で止めることができましたが、今作ではそれができません。
 
Bボタンを押すことによってゲームを中断することは可能ですが、マップ全体図に画面に切り替わってしまいます。
 
何が良くないかというと、アルマやロッキーなど動いている敵がいて、その敵が今いる位置からどの位置に誘導しようかとか画面を止めたままの状態にしてじっくり見て考えることができなくなったんです。
 
手早い動作など必要な場面では、あらかじめ先を見据えた行動を考えたうえでプレイしないといけないことが多いとも思いました。
 
 
全体的に難しい部屋が多くなって、単純にハートフレーマーを取ればいい、という部屋が少ないです。
 
①と同じ様な意味合いなのですが、まずここで述べたいのはメインマップ上の「左8、下4」というマップほぼ中央にある部屋は、前作でいうところのメインマップ「右3、上5」と同じ構造になっているんです。
 
前作ではメインマップ上では最後のエリアに繋がる部屋でして、なかなかの難易度が高い部類に入る部屋でしたが、今作ではゲーム中盤に入る頃にこのようなマップが存在しているんです。
 
この部屋は"半キャラずらし"、"敵の位置替え"など利用しないとクリアできないのですが、
「これからこんな感じの部屋が続きますよ」
的な感じの練習部屋みたいな感じなんですよ。
 
この部屋を見たときは「デジャブか?」という感じでして、只ならぬ感じはしてました。
 

 
ゲーム全体としては、大きな鍵を取らないと先に進めないようになっているようですので、ほぼ一本道で進む感じです。
 
ですが、扉を進めば進むほど難易度が高い部屋が多くて、じっくり考えなくてはならないのと、何回もプレイしてみて覚えることが多いので攻略するまでは大変かと思います。
 
部屋によっては残機がいくらあっても足りないぐらいの部屋もあってマゾってる感じもしましたが。。。
 
いくつかそういった部屋があるのですが、メインマップの最後に取るであろうスペシャルキーがある部屋のゴルがたくさんいる部屋は極悪だと思いました。
 
 
あとは、最後のラスボスに繋がるエリアなのですが、罠が仕掛けられていて、1つの部屋をクリアした後、8つ行けるルートがあってそのうちの1つだけ正解ルートで次の部屋に行けるというものでして、間違うとクリアできないような部屋へと行ってしまう罠が仕掛けられているのが酷いです。。。
 
ギブアップコマンドを使ってやり直そうと思っても、再び最後のエリアに行くところの入り口に戻されてしまうので、正解ルートを探すのが大変苦労するんですよ。。。
 
幸いなことに、最後のエリアは神様がいる状態ですと、ここまで来れる人であればあまり難しくはないと感じるレベルであるのは良かったりはします。
 
 
ラスボスは「打倒ろろ」と書かれていてリベンジマッチという感じがしてユニークです(・ω・)
 
唐突にRPGさながらのコマンド選択式の戦闘方法になってしまい、前作同様どうすればいいのか、という不安に搔き立てられます。
 
これって、必ず勝てる仕様なんですかね。。。
 
ちょっとよくわからないのですが、HP1にどうしてもなってしまい、何をしてもそこからロロがやられることはなかったんですよ。
 
「寝る」とか「踊る」とかまるでドラクエⅢの遊び人のような行動がコマンドになっていたりと意味深だったりもするんです。
 

 
究極のパズルゲームという肩書通り、一筋縄でいかない難易度で、上手くいかないときは何度もプレイして攻略しながらダメなところは考えていったり、先を読んでいくなど、ときには今まで通りの発想とは別な考え方をしたりと解けないときは画面をじっくり見たりして考えることが多くて挫折しそうになったりしたときもありました。
 
アクション面においてもタイミングや繊細なコントローラー捌きが必要で、求められるスキルが高いのですが、なぜかその魅力に包まれてしまうものがあるのが、このゲームへ対する個人的な感想です。
 
難しい部屋が最後の方に集中してあるのではなくて、簡単な部屋と織り交じっている感じで、このバランスが良いと個人的には思っています。
 
難しい面が続いてしまうと、「この先もう無理かなぁ~・・・。。」と先を進めることに不安を感じてしまい途中で終わらせてしまうこともあると思いますので。
 
なかなか面白いですよ(・ω・)
 
 

f:id:hamuponkichi:20190331174016j:plain

f:id:hamuponkichi:20190331174018j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331174021j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331174028j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331174030j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331174032j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331174038j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331174042j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331174043j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331174050j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331174054j:plain

f:id:hamuponkichi:20190331174055j:plain