どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

レリクス暗黒要塞

レリクス暗黒要塞
ボーステックから発売されたアクションゲームです。
 
完全無欠の砦に改造したのが暗黒要塞みたいです。その暗黒要塞にいるヘルという恐ろしい者を倒して捕らわれたお姫様を救出する、という内容みたいです。
なんだか、暗黒要塞にはエイリアンが徘徊しているみたいです。
ちなみに、生きて帰ってきた者はいないらしいです。
 

 
ゲーム画面は横スクロール式のアクションゲームで、梯子を乗降したりすると別な画面に切り替わるようになっているゲームです。
 
 
主人公の操作方法が一般的に多くあるようなアクションゲームとはちょっと違います。
 
Aボタンジャンプ、Bボタン攻撃などは一般的かと思いますが、主人公の動作に関しての十字キーの割り当てが違います。
まず、主人公の向きを変更する(例えば右方向を向いているなら左方向に向きを変える)ときは、1回十字キーの上ボタンを押してから向きたい方向へと入力します。
右~左方向へ向きを変更する場合、右→上→左となります。
1回余計なアクションを挟まないといけないので、慣れないと戸惑うことが多いです。
 
また、後ろ向きに歩くこともできます。
後ろに向いて歩くことによって防御することができます。
十字キーの反対側(進行方向とは逆側、右を向いていれば左)のキー入力をすることによっても防御することができます。
 
 
・一般的なエリアとモンスターが存在するエリアがあります。
 
一般的なエリアではパワーアップアイテムやライフを回復するアイテム、扉を開ける鍵などを取ったりして進めます。
またランプなる物もあります。
 
モンスターエリアではランプがないと真っ暗な状態になってしまいますので必ずランプを4,5個以上は確保して進めます。
各モンスターエリアの最深部にはボスらしき者が存在していてアイドルを守っています。
 
アイドルは次のモンスターエリアに行くための入り口を開けるための鍵にもなるので、行けるモンスターエリアから順番に取っていくという流れです。
 
 
・バトルシーンというものがあります。
ある特定の位置へ行くと「私に勝てたら、体を貸そう」と言ってきてバトルを仕掛けられることがあります。
 
見事そのキャラを倒すと、そのキャラクターに乗り移ることができます。
 
ライフや攻撃手段などの能力など様々なのと、モンスターエリアにいるボスを倒すためにはそのキャラクターでないと倒せない者もいます。
 
 
基本としては、一般的なエリアが存在していて、そこから各モンスターエリアに繋がっている状態です。
「一般的なエリアで必要な体を獲得する→モンスターエリアに行ってアイドルを取って戻って来る」というのがこのゲームの流れでしょうか。
アイドルを全部集めると姫がいるフロアへと行ける仕組みになっているようです。
 

 
難易度としては、とっつきにくいところが多いためか若干難しいでしょうか。
 
 
①1つの要因として、覚えゲー要素が強いと思います。
 
パワーアップアイテムや回復アイテムなど、壁を壊したりすると出てくる物などいろいろと探さないと出てこない物が多いです。
 
敵の行動パターンはだいたい決まっているので、ある程度プレイしてくると覚えてはくるのですが、敵で一番厄介だと思ったのはコウモリの存在です。
 
モンスターエリアに行くとコウモリの存在が厄介だと思うことが多いのですが、天井が低いうえに下に向かって飛んでくるのですが、避けることができないんですね。
で、ここで活用するアクションが"後ろ向きに歩く"ことなのですよ。
 
どうしても倒せない&倒しにくい場所ではこれを活用して防御させながら歩いてコウモリ地帯をできるだけダメージを喰らわないように抜けることが必要なんです。
 
なぜ、ここまでダメージを受けないようにして歩くかというと、ライフ回復アイテムを取っても目盛りぶん1回復とかそんな程度のわりには一度手に入れた場合ですと、別なエリアに切り替えない限り出現しないようでして、手に入る数が少ない、ということで無駄にダメージを受けるとモンスターエリアではボスのところまで辿り着くことすら難しいんです。
 
一応コンテニューはあるものの、コンテニューで復活した際はスタート地点に戻されるので戻し作業が厄介なんですね。
その理由は後で述べますが。。。
 
 
②敵に関しては硬い敵はほぼいない、と言ってもいいぐらいなので、位置取りさえ上手くいけばほぼノーダメージで倒して歩くこともできます。
 
ただ、道中にときおり出現するライフが存在する中ボス的存在の敵に関しては、まともにダメージを受けるとライフを一気に減らされてしまうので注意が必要です。
 
敵には銃や魔法など遠距離攻撃をする敵もいるのですが、ゲーム序盤での能力であるブレードアーミーなどは剣で攻撃しないといけなくて、近寄らないと攻撃が当たらないことから、操作に慣れないうちには倒すのが苦労すると思います。
 
倒すためには、「銃を放ったら近寄る、そろそろ撃ちそうだなぁ~と思ったらキーを反対方向へと入力して防御」、ということをしないと倒せないです。
 
慣れると簡単に倒せるようになるかと思いますが、独特な操作方法なので慣れが必要なところが難しいというか、とっつきにくいところではあります。
 
 
③乗り移った能力によっては苦戦を強いられることもあるかと思います。
 
最後に乗り移ることができる聖なる戦士は別として、たいがいはライフをいくら溜めていっても乗り移ったときにその乗り移った体のライフ値になってしまう(ライフ目盛り10ぐらいあったとしても3まで減ってしまう)ので、微妙なところではあります。
 
つまり、乗り移ったときはライフが少なくて死にやすい、ということなんですよね。
 
またライフ集めをしなくてはならないので面倒です。
 
で、ガンナーという体なのですが、アイテムである弾を取っていかないと弾切れを起こすようでして、弾切れになった場合、かなり短い射程での肉弾戦を強いられることがあるので、弾数に制限があるために適当に弾を撃てないということもあって難しいです。
 
遠距離攻撃であるソーサリーが一番使えると思います。
ですが、モンスターエリアで倒せない敵もいたりはしました。
 
結果的にソーサリーの体を獲得するのが一番手っ取り早いのですが、そのソーサリーのいる場所へ行くのが厄介です。
 
説明書には載っていないのですが実はこのゲーム2段ジャンプが可能なのですよ。
 
ジャンプをした際に攻撃ボタンを入力することによってジャンプをキャンセル扱いにしてその瞬間にジャンプボタンを押しっぱなしにするとさらに高くジャンプできるようになるんです。
 
なぜ、このテクニックが必要かというと、ソーサリーのいる場所へ行くために上から行く方法だと天井に頭が突っかかってしまいどうしてもジャンプで飛び越せないので、下の方からこの方法で行くと楽に行けるようになるんです。
 
意外とこのジャンプ方法を使うと楽に行けるところがあるわけですが、なぜ説明書に記載されていなかったのは謎です。。。
 

 
ところで、このゲームですが、頻繁にディスクのローディングが行われるゲームでして、快適にゲームを進行する、という意味では良くないです。
 
各マップを切り替えるために梯子を乗降するわけですが、「おまちください」という表記が出て待たされることが多いです。
 
で、梯子から飛び移る際には十字キーの左右だけ押していればいいんです。
 
というのも、下手にジャンプして飛び移ろうとすると落下してしまうことが多くて「おまちください」という表示に悩まされることが多いです。
 
モンスターエリアでは、別な画面に切り替えても「おまちください」の表示が少ないのですが、一般的なエリアでは頻繁に出るので、ある意味忍耐力が必要、というかマゾゲーだと思いました。
 
前述にコンテニューで復活した際にスタート地点に戻されるのが厄介なのか、というとこのローディングが1つの原因だったりはするんですね。
 
探索をメインとしているゲームでもあるかと思いますので、気長に「おまちください」を待てるだけの忍耐力が必要なゲームではあります。
 

 
個人的にはこのゲームは内容は面白いと思うんですよ。
 
他の体に乗り移ることができることや、他のアクションゲームにはないアクション要素は意外と面白かったのですが、やはり慣れないうちはこの「おまちください」がうっとおしかったですね。
 
特に梯子を登りきってから落下したときの「おまちください」は落胆が大きかったのをよく覚えています。
 
ですが、慣れてくると普通に移動してるだけで出てくるようになってくるのと、タマにミスして落下しても、「あっ、出ちゃったね」程度にまとめることができる大きな心を持てるようになったとも思うんです。
 
何回もプレイしてくると「おまちください」に慣れてしまい、「何回でも待てますよ(・ω・)」的な感じで、このスローペースな感じにどっぷりハマってしまい、最後のエンディングらしきものにも「おまちください」でお出迎えしてくれるという親切ぶりでラストまで「おまちください」を抜きに語れないゲーム\(・ω・)/で、いろんな意味でも面白かったです。
 
まぁ~、頻繁にローディングがあるからディスクシステム本体とカードには良くはないんですけど。。。
 
何回もガッチャン×2と鳴るから、音のほうが気になることが多々ありました。。。
 
このローディングの問題さえ解消されれば、、、という惜しいと思ったゲームの1つでした。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190331165254j:plain

f:id:hamuponkichi:20190331165256j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331165258j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331165306j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331165308j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331165310j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331165323j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331165326j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331165328j:plain

f:id:hamuponkichi:20190331165331j:plain