どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

熱血高校ドッジボール部

テクノスジャパンから発売されたスポーツゲームです。

あのくにおくんドッジボールというスポーツの舞台で戦いを繰り広げるゲーム内容となっています。
 

 
・ゲームモードは1プレイ用の遠征試合と2人で対戦できる対抗試合と4人まで参加できるクラブ活動があります。
 
 
・基本的にこのゲームでは内野3人、外野3人という構成を組みます。
構成は自由に編成することもできます。
 
 
各キャラには名前も設定されており、各キャラごとに体力や相手に与えるダメージ量など違いがあります。
 
 
・基本的なルールとしては相手にボールをぶつけて体力をゼロにするとコート上からいなくなります。
内野にいる相手を全てコート上から追い出したほうが勝ちという単純なルールです。多少、本来のドッジボールとルールが違うところもあるかとは思います。
 

 
やはり、あの破天荒なくにおですので普通のドッジボールではありません。
 
ボールをぶつけた相手は物凄い勢いでぶっ飛んでいきますし(・ω・)、しかも倒れた相手に追撃の攻撃を与えることができるということができたりもします。
 
そして、このゲームの特徴ともいいますでしょうか、ダッシュしながらボールを投げることができるのですが、ある一定数の歩数で投げるとピカピカと光った必殺ボールを投げることができたりします(・ω・)。
 
キャラによって必殺ショットに違いがあって相手に与えるダメージ量にも違いがあるのですが、通常のショットよりもはるかに強力でこのボールを投げられるかによってゲームを攻略するうえでも欠かせないかな、と思います。
 
最初のうちはコツを掴むのが大変なのですが、ダッシュする初めの地点やどのあたりで投げたらいいかという目印をつけたりもしてました。
 
何回も投げられるようになるまで練習は必要ですね。
 
必殺ショットはキャッチすることもできるのですが、いろんな軌道を描いたり、ボール自体がスピードアップするものもあるのでキャッチするのは結構難しいです(-ω-;)。。。
 

 
1人プレイモードにある遠征試合では様々なチームと対戦して勝ちあがっていきます。
 
バトルを繰り広げるコートには滑るコートやダッシュがしにくいコートなどもあったりします。
 
いろんなチームがあって特徴のあるチームばかりで面白いのですが、個人的には体力が他のチームよりも少ないけど、守備面が特出しているインドチームがやりづらかったです。
 
あとは、各キャラに名前や顔などに違いがあったり、特性値に違いがあることからくにお意外にも愛着の湧くキャラが複数存在したのもありました。
 
熱血高校のメンバーではいちろうの必殺ショットが好きでよく内野に入れてたりもしてましたね。
 
早めに決着つけたいときはくにおくんの貫通効果のある必殺ショットを連発したりもしてましたが、難易度「難しい」だとなかなか2人目以降を貫通できない場合が多かったです。
 

 
1人で遊んでも多人数で遊んでも充実している内容でとにかくよくできています(・ω・)。
 
必殺ショットを出せるようになるとますますこのゲームが面白いと思いました。
 
外野との連携も面白くいろんなプレイもできたり、また、いろんな編成もできるのが魅力的です。
 
BGMもその舞台ごとに違うものが用意されていてとても聴きごたえがあります♪
 
ボールをぶつけたときの派手な演出も面白いですよ。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190331003833j:plain

f:id:hamuponkichi:20190331003835j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331003837j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331003843j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331003845j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331003847j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331003853j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331003855j:plain
f:id:hamuponkichi:20190331003856j:plain

f:id:hamuponkichi:20190331003901j:plain