どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

大戦略 完全攻略テクニックブック

大戦略 完全攻略テクニックブック
徳間コミュニケーションズから発売された本です。
 
本格的なウォーシミュレーションでもある、大戦略の攻略本みたいです。
 
表紙に大々的にファミコンソフト プレゼント付き」と書いてあります。
当時は表紙カバーの裏側などに付いている応募券を切り取って応募すると、抽選でファミコンソフトがもらえるというものを攻略本で企画してたいたものが多かったと思いましたが、表紙に大々的に宣伝してある攻略本も珍しいとも思いました。
 

 
目次は「基本編」「応用編」「マップ編」とおおまかに3つに分類されてます。
目次の後に「大戦略の世界とは」という項目があって、軽く触れていますね。
パソコン版大戦略が人気があったのが4~5年前らしいです。およそ100万人以上ものファンがいたようですね。これだけのファンがいたのですから、パソコンから人気は高かったんでしょうね。
ところで、この本が発売された頃は昭和63年でして、西暦でいうと1988年みたいなんです。
パソコンユーザーからするとファミコン版は物足りないということがあるとは思うんですが、当時のファミっ子など、当時はパソコンそのものが高価な物であったと記憶していて、家庭にファミコンしかないご家庭ではファミコン大戦略が遊べるということで喜んでいたと思うんですよ。
 

 
さて、本の中身は、大戦略についての用語など紹介されています。
ファミコンから始めるファミっ子のために記載されているところは嬉しい限りです。
 
ちなみに、(ZOC)という単語が記載されていますが、説明書きが不足してあるかと思うのですが、ゾーンオブコントロールの略称であると思うんです。よくシミュレーションゲームで使われるもので、ユニットの周囲に見えないゾーンがあって、このゾーンを素通りできないものが用意されていたりするんですよ。
簡単に言うと「通りたければ、俺を倒してから行け」みたいなことなんです。
 
あとは、基本的な操作方法、ゲームの目的や勝利条件など記載してあって、このあたりはわかりやすく見ることができます。
地形キャラクターも説明されてあって、結構重要な部分であるので見ると活用できますね。
 
各ユニットはイラストと写真で掲載されています。
価格や燃料など確認することも多いですが、各ユニットごとに特徴などもあるので、その使い方など書いてあるので初心者でもわかりやすいです。
ふと、ここまでこの本を見ると気が付くのですが、ユニットのイラストもそうなんですが、ところどころに描かれているイラストなどよく描きこまれているんですよ。
データや説明書きだけではなく、イラストが挿入されているので、楽しく見ることができる点では好感が持てる攻略本です。
応用編では、経験値稼ぎの仕方やコンピューターの癖など記載されています。
遊んでいることで気が付くことが多いと思うのですが、特にコンピューターの癖はプレイする前に知っておくと便利なので、こういう記載事項があると便利だと思いました。
 
49ページからはマップ攻略になるのですが、次ページから本を横向きにしないと見づらいような向きになっています。
いろんなマップがあって見ていて面白いのですが、パソコン版で有名なマップもあるようでして、やり込んだ人であればすぐにわかるのではないでしょうか。
マップについては、初心者用、中級者用、上級者用と別々に振り分けてあるので、自分のプレイスキルに応じたもので見ることができるのと、探しやすい点が良かったです。
 

 
本としては、要点がまとまっているので見やすいのと、データも豊富なので役に立つ本ではないでしょうか。
全ページ96ページです。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190330234650j:plain

f:id:hamuponkichi:20190330234651j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330234653j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330234659j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330234701j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330234703j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330234712j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330234714j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330234717j:plain