どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

飛龍の拳Ⅲ 五人の龍戦士

飛龍の拳Ⅲ 五人の龍戦士
カルチャーブレーンから発売されたアクションゲームです。
 
前作で活躍した5人の龍戦士が帰ってきました(・ω・)。各ステージを5人で協力して暗黒魔神を倒しちゃいましょう的な内容となっているようです。
 

 
やはり、基本的なシステムは前作までのものを継承しつつ、さらにパワーアップした感じです。ちなみに、前作では不評だったのかアニメRPGモードがなくなってしまいました。。。
 
・ゲームの内容は横スクロールのアクションゲームで、前作では探索しながらという感じでしたが、今作ではアクション一辺倒になった感じです。
ときおり、道中にいる格闘家とエンカウントして1対1のバトルモードに突入します。
 
・バトルモードでは今までどうり心眼システムを活用しており、ときには変身しながら戦うといった感じです。
また前作では少なかったコマンド選択式の戦闘モードが各ステージごとに用意されており、面白さが倍増しています。
 
・また、今作では各キャラごとのストーリーが用意されており、各キャラを操作しながら進めていく内容となっています。
キャラごとに性能などに違いがあり、個人差が出るようになっているのでキャラに特性が生まれているかと思います。
 

 
3作目ということで、難易度も非常に高いものとなった感じです。
特にマスターモードでは相手のマークが出る時間が短くなったりして、カウンターを喰らいやすくなったと思います。
 
ステージ5の世界選手権では相手のレベルが高すぎて突破するのには苦労するかと思います。
ボクサーだと回避率が高くてほとんど攻撃を与える機会がないです(-ω-;)。。。
 
また、バトルモードで相手の法力を跳ね返すことができる"鏡"を入手しないとクリアが無理であろうということがあります。
鏡を取らないとステージ4のボスを倒すことは不可能ではないかと思われます。
鏡は普通にプレイしていると気がつかないことが多くてうっかり先に進めてしまいがちで、これを取得するためには道中にいる格闘家をある条件で倒すことによって正体を明かして倒すことによって入手できるのですが、その正体を明かすための倒し方がノーヒントでわからないところが酷いとは思いました(-ω-;)。。。
 
あと、道中に出る雑魚敵の数も立ち止まったりするとうじゃうじゃと湧き出てくるので、出てきた雑魚敵を丁寧に倒していかないとボスに辿り着く頃には体力不足で不利になることが多いです。
回復アイテムである聖水の数がストックできるのも3つまでしか持てないというのも難易度を高くしている要因ですね。
 


前作と違い、アクションが苦手だとストーリーを進めるのが困難になってしまったという意味ではもったいなかったです。
しかも前作であったはずの対戦モードがなくなっているというのももったいなかったです。
ですが、会話シーンなどが豊富でストーリーの内容を掴みやすいところがあったりと、このあたりは良く出来ています(・ω・)。
 
BGMは秀逸なものが多く、前作までと比べた場合、個人的にはこの作品が一番好きです♪
そして、Ⅲはもっともやり込んだ作品で思い入れも強いです。
難しくはなりましたが、ストーリーを進めるだけでしたら、難易度も選択できたりもできるのである程度の問題は解消されるかと思います。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190330222400j:plain

f:id:hamuponkichi:20190330222401j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330222403j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330222410j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330222412j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330222413j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330222422j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330222423j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330222425j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330222431j:plain
f:id:hamuponkichi:20190330222434j:plain