どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

ラストハルマゲドン

ラストハルマゲドン
ユタカから発売されたロールプレイングゲームです。

人類を含む全ての生物が死滅した世界が舞台となっているロールプレイングゲームです。全てが死滅してるっていうことで、じゃあ誰が主人公なの!?ということなのですが、生物のいない大地に蘇った魔族が主人公ということになるようです。
それに合わせてこの舞台となる星に侵略してきたエイリアンと戦うというエイリアンVSモンスターの図になるわけです。
 

 
フィールドは2D見下ろし型ですが、ダンジョンは3Dマップに切り替わります。
システム面が独特なゲームでして、魔族には12種類のキャラクターが存在するようです。
・キャラクターは3つのパーティーに区分されまして、昼のパーティー、夜のパーティー、サルバンのパーティーと分かれます。
ゲーム内には時間が設定されており、時間ごとにそのパーティーに切り替わるようになっています。
 
またキャラクターの成長システムが独特です。
・戦闘で使うコマンドによってそれぞれのキャラクターのパラメータに経験値が振り分けられるようになっているようです。
成長したキャラクターはある一定のレベルに達すると合体して成長してグラフィックも変化します。
・このゲームではお店が存在しません。自分自身で武器や道具を作成してやり繰りします。
 

 
なかなか面白いシステムを取り入れていると思うのですが、システム面を理解するまで多少時間がかかるとは思います。
 
普通に何回も戦闘しているとなんのパラメータが上がるかどうかわかってきます。
 
ちなみに、このゲームではフィールドにある石板が重要な役割を果たしているので、その石板読みがゲーム序盤では大変なゲームです。
 
108枚もありますから、どこを読んだのかチェックしていないとわけわからなくなります(-ω-;)。。。
 
戦闘に関しては序盤こそ非力なので苦労するかと思いますが、序盤のうちに何回も戦闘して強化していけば後半が楽になります。
ある程度最初の場所で強化することができます。
 
難しいと思うのが3つのパーティーを上手く育てながらイベントを消化していかないといけないことですかね。
特にサルバンのパーティーは月末にならないとできないので厄介だったりします(-ω-;)。。。
 

 
終始暗い雰囲気がつきまとう感じのRPGですね。
 
BGMは暗い雰囲気のものが多いです。
 
この世界観に入れるかどうか人によって好き嫌いが分かれるところだと思いますが、話の内容は良くできていると思います。
特にエンディングは見る価値があります(・ω・)
 
なお、初めてプレイする際にはデモ画面を見てからプレイすることをお勧めしたいです。
初めてプレイした場合、いきなりフィールド上に置き去りにされている状態で何をしたらいいのかわからないと思います。
デモ画面ではデモ画面とは思えないほど長くて、このゲームのいきさつや目的を詳しく見ることができます(・ω・)
 
 

f:id:hamuponkichi:20190328190320j:plain

f:id:hamuponkichi:20190328190323j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328190326j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328190333j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328190335j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328190337j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328190346j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328190347j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328190350j:plain