どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

わんぱっくコミック完ペキ本 スーパーブラックオニキス

わんぱっくコミック完ペキ本 スーパーブラックオニキス
徳間書店から発売された本です。

難解なオニキスタワーに入るための手引書といった感じでしょうか、このゲームでは、ステータス値など英語で記載されていますので、英語の意味がわからないとゲーム進行に支障をきたす恐れがあります。
また、ゲームのシステムなども独特なものがありますので、攻略本を読んでプレイすると進行がスムーズに行くかと思います。
 
説明書では理解不足なところを大きく写真付きで細かく解説してあるのは攻略本の強みとも言えます。
私もこの攻略本は大いに活用しました。
 

 
やはり、アイテムやモンスターマニュアルというところが充実してまして、特に魔法やキャラクターをある程度自由にすることができる他に、キャラメイクするためにはお金が必要なのでかかる費用が掲載されているのでゲームの進行をある程度組み立てられるという点が良かったです(・ω・)。

攻略編ではマップが掲載されています。
やはり3Dダンジョンのゲームですので、こういうマップがあると攻略がスムーズにいきます。
全てが掲載されているのかと思えばそうでもないんですね
ゴールデンシティエリアの37Fまでしかマップが掲載されていません。
このゲームではエンディングを見るためには44Fまで行かないといけないのでまだまだ道のりとしては長いです。
 
37Fまで行くまでも大変なゲームなので、これを知ったときは自力でマッピングしました。
というかそれしか乗り切る方法がないんですね。
残り短いのかなぁ~、と思ってたのですが、最後までなかなか長いんですよ。
最後までマップが掲載されていれば良かったのですが、やはり、今思うと攻略本に頼りっきりになってしまってた感はあったんですね。
 

 
昔の3Dダンジョン系は方眼紙に自分で書き込みながらというプレイが原点だとは思ってます。
 
この本を見たときは攻略本というよりも、最後のほうまで行けるようにしてある手引書という感じでした。
 
攻略本を頼りにプレイしてきた人にとっては挫折感を感じて断念したか、最後まで頑張って自力で解いたのか、というところが分かれたのではないかな、とも思いました。
全82ページです。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190328183813j:plain

f:id:hamuponkichi:20190328183814j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328183816j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328183822j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328183824j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328183826j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328183832j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328183835j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328183839j:plain