どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

貝獣物語

ナムコから発売されたロールプレイングゲームです。

地球から来た1人の少年と3匹の貝獣島から選ばれた3匹の貝獣が協力して広大なシェルドラド大陸を救うという内容らしいです。
 

 
・それぞれのキャラクターには得意な魔法や特技があってそれぞれの役割が分担されています。
 
・またこのゲームの特徴として「パス」というコマンドがあり、パーティーを分割したりすることができたり、それぞれのキャラクターを自由に動かすことができるようになってます。
 
・ある特定の位置を通過すると悪魔の罠というシミュレーションゲームのように主人公達を動かして敵と戦闘する場面も存在します。
 
・戦闘面やフィールドなど一般的な2Dタイプのロールプレイングゲームと変わらないのですが、このゲームでは戦闘面において「まもり」というコマンドが大きな役割を果たします。貝の中に身を守ることによって相手からのダメージを極端に減らすことが可能でして、これを使用して強い敵とのバトルをするのが基本的な戦法だと思われます。
 

 

ところで、このゲームですが、ゲームバランスが良くないです。

というのも、戦闘で得られる敵キャラからの経験値が少ないのですよ(-ω-;)。。。
 
序盤から中盤にかけてはあまり気にならないのですが、終盤にかけては敵キャラも強くなるのに従ってそれに相応した経験値を得られないのです。
よって、レベル上げに割く時間もだいぶかかります。
でも、まだフィールドである程度自由に歩いて敵キャラを選定してレベル上げをすることができるのですが、ラストダンジョンであるファットバジャーの城に行くとフィールドに戻ることができなくなるんですね。
 
だいたいLv20前後で到達できるかと思うんですが、ファットバジャーの城の敵キャラが雑魚敵とは思えないぐらいの強さを誇っていて倒すのにかなり苦労します。
しかも、ファットバジャーの城に入った当初ではパーティーがそれぞれ別の場所にいて単独行動をさせられるのでかなり厳しい仕様となっています。
 
ようやくパーティーを再開させたところでも、ファットバジャーの城の敵キャラとまともに対峙するのには苦労するうえに得られる経験値がフィールド面にいた敵キャラとあまり変わらないんですね。
 
しかも、ファットバジャーの城の中では探索するところがたくさんあるうえに隠れた壁を壊したりとやることがたくさんあるので、気楽に探索とはいかず、終始エンカウントしないように祈りながらプレイしなくてはならないので正直これはキツイと思いました(-ω-;)。。。

あまりレベルが低いと城の中でのレベル上げというものが効率が悪く、しかも自由に探索できないというストレスも溜ってしまいます。
 
しかもセーブデータが1つしか保存できないので、うっかりファットバジャーの城の中に入ってしまって、しかもクピクピの特技でセーブしてしまうとやり直しが困難になり更なる追い打ちをかけるというものが。。。
 
昔プレイしたときはこの状態に陥りもはや無理、、、ということになり、じゃあどうする??ということで最初からやり直したことがありましたね。
2つ以上セーブストックが確保できれば1つのファイルで様子を見て別なファイルでやり直すことが可能なわけですが、1つしかセーブできず、しかもうっかりセーブしてしまったので、ということになりました。
 
意外に終盤まではサクサク進めるぶん、ファットバジャーの城の中という悪魔の罠にハメられたゲームですね。
城の中に入る前にはフィールドでしっかりレベル上げをしていないと正直キツイです(-ω-;)。。。
Lv25ぐらいないとキツイかなぁ~、とも思いましたね。
 

 
登場するキャラクターなど可愛いのと、ゲームのシステム面など個人的に好きな部分が多いゲームなのですが、いかんせんラストダンジョンであるファットバジャーの城の中の難易度が極端に高いのと、ゲームのバランスが悪いのが目立つゲームで、この点だけはなんとかならなかったのかと非常に惜しいゲームだとは思いました。
レベル上げがある意味マゾゲーで、非常にもったいないですね。
 
正直言って、貝獣が可愛くなかったらクリアしようとは思わなかったです。
ファミコンRPGの中でもクリアするのに苦労したゲームの1つですね。
貝獣愛ですよ(・ω・)
 
 

f:id:hamuponkichi:20190328181229j:plain

f:id:hamuponkichi:20190328181232j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328181234j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328181242j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328181244j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328181247j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328181254j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328181257j:plain
f:id:hamuponkichi:20190328181259j:plain