どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

なかよしといっしょ

なかよしといっしょ
ユタカから発売されたロールプレイングゲームです。

なかよしという少女漫画のキャラクター達が登場してくるロールプレイングゲームです。
作者も登場してきます。
キャラクター達は悪者にさらわれてしまい、主人公である女の子が変身ペンを使いながらそれぞれの世界の中で悪者と対決しながらその世界を救うというものらしいです。
 

 
ストーリーは章仕立てで当時なかよしでも人気のあった漫画6作品の中から選ばれたもののようで、計6章になってます。
1つの章をクリアすると次の章に移行するシステムを取ってます。

一般的にあるRPGとはちょっと違いまして、アドベンチャーゲームのようにフラグを立てながら町の中を探索するゲームです。
 
町の中には悪者もいるので話かけると戦闘になることがあります。
その戦闘システムが独特でして、ルーレットを回すことによって攻撃方法など変化するシステムです。
一般的にあるRPGのようにコマンドを自分で選んで指示を与えるという感じではないです。
出た目によっては戦況が大きく変わるので、何気に運ゲー要素もあったりします。
 
ですが、逃げるということもほぼ確実に逃げることができるので、戦況が悪いなと思えば逃げることもできます。
このゲームは変身ペンを利用することによって各漫画の主人公に変身することができる魔法のようなアイテムがあります。
変身しないと先に進むことができない場面もあったりして活用することが多いですが、その主人公になると戦闘でのアニメーションも変化するので楽しさ倍増です\(・ω・)/
 

 
ゲームの難易度としては優しいほうですね(・ω・)
運が悪いと敵を倒すのに時間がかかったり、ライフが減って連続戦闘に耐えることができなくなったりという不遇なことに遭遇してしまうこともありますが、回復アイテムはすぐ買える場所にあるし、戦闘を普通にこなしていればお金に困ることはそんなにないので難しくはないです。
 

 
当時のファミコンロールプレイングゲームの多くには男性をメインとしたものが多く、ほぼ男性向けに発売されたものが多かったですが、このゲームはなかよしという少女漫画を取り入れたこともあるのと、やはり女の子をターゲットとした内容で戦闘も簡単にそして可愛らしくできているところが特徴ですね。
 
お金の単位もピーチだったり、回復アイテムの多くがケーキとかプリンなどのお菓子類が多いです(・ω・)
 
そして、主人公は女の子で任意に好きな名前を入れることができるようになっており、漫画の主人公に変身できちゃう\(・ω・)/
なんてまるで夢のような話でストーリー設定もよくできてます。
 
悪者に襲われて大変なのになぜか緩い世界観と、やはりキャラゲーですのでキャラを知らないとなかなかゲーム内に感情移入しにくいかと思いますが、なかよしの漫画を知っている人ならハマるゲームだと思います。
 
 

f:id:hamuponkichi:20190327214031j:plain

f:id:hamuponkichi:20190327214033j:plain
f:id:hamuponkichi:20190327214035j:plain
f:id:hamuponkichi:20190327214042j:plain
f:id:hamuponkichi:20190327214044j:plain
f:id:hamuponkichi:20190327214046j:plain
f:id:hamuponkichi:20190327214052j:plain
f:id:hamuponkichi:20190327214055j:plain
f:id:hamuponkichi:20190327214057j:plain

f:id:hamuponkichi:20190327214101j:plain