どれみふぁみこん(・ω・)「ぽんきちの秘密基地」

ひっそりとプレイしたゲームを保管する場所だったりします。

ピンボール

任天堂から発売されたピンボールゲームです。

当時、ピンボールというものがゲームセンターに普通に置いてあった記憶でしたが、それを家庭用に、ファミコンで気軽に遊べるというのを発売したもので、後のピンボール作品にも幾つか影響を与えた感が強い作品の1つでないかというゲームです。
 

 
上下画面2分割が基本で、中にはボーナスステージに突入できるような仕掛けもあります。
 
ボーナスステージはドンキーコングにも登場したレディをマリオが救出するというものですが、バンパーに玉が当たった角度などを予測しながらマリオを操作し、数字の色を揃えながらレディの下にある床を消していき、助けるという内容みたいです。
 
これが意外に難しくて、バンパーの下の部分に玉を当てると玉を当てたときの角度に向かって跳ね返ってくるのでうっかり反応が遅れてマリオの操作が間に合わず、ミスする確率が高いです。
 
しかも、レディを助けるのには受け止めないとミス扱いになるんですよね。
 
うっかりしてそのままスルーしてしまうこともありました。
当時はボーナスステージに夢中になってましたね(・ω・)
 

 
実際のピンボールって結構難しいんですよ。
 
狙ったところに玉を入れるのには熟練した技術が必要です。
 
このゲームはファミコン初期の作品のためか台を揺らすということはできないみたいです。
ひたすらハイスコアを目指しながらプレイするスタイルで地味ですが、ヒヨコを揃えるとストッパーが出たりする隠し要素などもあり、当時のピンボールのゲームとしてはよくできてるゲームです(・ω・)
 
 

f:id:hamuponkichi:20190325205637j:plain

f:id:hamuponkichi:20190325205642j:plain
f:id:hamuponkichi:20190325205645j:plain
f:id:hamuponkichi:20190325205654j:plain
f:id:hamuponkichi:20190325205658j:plain